公益目的事業等

HOME  >>  公益目的事業等  >>  研究会

研究会

学識者、関係官庁、地方公共団体、民間企業など産官学で構成する研究会を設置し、関西国際空港及び大阪空港、神戸空港の3空港を活用し、関西の活性化、国際化促進のための方策等についてとりまとめ、行政等に提言しています。

2015(平成27)年度

1.航空需要に対応した空港運用研究会

航空需要増加に対応した空港運用方策について国内外の空港の事例を研究し、空港周辺地域の環境に配慮した運用方法の考え方・メニューをとりまとめました。

2015(平成27)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 首都圏空港の容量拡大に向けた取り組みと課題 平田 輝満
茨城大学工学部 准教授
第2回 混雑空港における騒音対策 平田 輝満
茨城大学工学部 准教授

2.ツーリズム拡大研究会

「関西のものづくり」をテーマにツーリズムでの活用事例等を研究し、関西圏におけるインバウンド・ツーリズムの拡大のための具体方策を検討し、提言としてとりまとめました。

2015(平成27)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 ツーリズム拡大研究会の検討内容について 坂上 英彦
研究会主査・京都嵯峨芸術大学 芸術学部 教授
クールジャパン政策について〜
国際的伝統工芸博覧会の開催に向けて
麻野 浩樹
近畿経済産業局クリエイティブ産業ユニット室長補佐
産業観光から関西を魅せる〜
関西のさらなる魅力アップを目指して
池垣 佳
近畿経済産業局通商部投資交流促進課係長
第2回 世界からみた京都の陶芸 伊藤 南山
伝統工芸士 平安陶花園代表取締役
第3回 百貨店業界におけるインバウンドの現況について 佐伯 匡由
近畿百貨店協会 事務局長
第4回 ツーリズム振興と大規模イベント〜
神戸ルミナリエを題材に
徳永 眞一郎
(株)電通 関西支社  プロモーション・デザイン局 局長
第5回 2015 年度のとりまとめと提言(案) 坂上 英彦
研究会主査 京都嵯峨芸術大学芸術学部 教授

2014(平成26)年度

1.空港ビジネス・イノベーション研究会

関西で空港と地域が連携して観光促進をはかり、空港ビジネスの収益性向上につなげていくために、取り組むべきこと、持つべき視点を整理し、民営化後に取り組むべき空港ビジネス・イノベーションを検討し、提言としてとりまとめました。

2014(平成26)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 空港経営改革の動向について 河田 敦弥
国土交通省 航空局空港経営改革推進室長
第2回 クアラルンプール国際空港における
三井アウトレットパークの事業について
大林 修
三井不動産(株)中国・アジア事業部長
第3回 イノベーションへの挑戦 原田 勉
神戸大学大学院 経営学研究科 教授
第4回 空港に求められるおもてなしとは? 村山 慶輔
(株)やまとごころ 代表取締役
第5回 空港ビジネス・イノベーション研究会とりまとめと提言(案)について 高橋 一夫
研究会主査・近畿大学経営学部 教授

2.ツーリズム拡大研究会

「関西のものづくり」をテーマにツーリズムでの活用事例等を研究し、関西圏におけるインバウンド・ツーリズムの拡大のための具体方策を検討し、提言としてとりまとめました。

2014(平成26)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 ツーリズム拡大研究会の検討内容について 坂上 英彦
研究会主査・京都嵯峨芸術大学 芸術学部 教授
関西圏のものづくりポテンシャルを活かしたツーリズム推進への国等の取り組みと課題 高木 英彦
近畿経済産業局 地域経済部 地域経済課長
第2回 神戸ビーフに係るツーリズムの取り組み等について 谷元 哲則
JA全農兵庫畜産部長
木村 文信
神戸プレジール支配人
第3回 堺市の観光振興の取り組み・モノづくり編 萩野 哲也
堺観光コンベンション協会プロモーショングループ長
第4回 京都文化をラグジュアリー層の観光資源に 各務 亮
(株)電通 関西支社 京都営業局 プロデューサー
第5回 韓国からみた日本、関西のテクニカルビジットの実態や課題 李 容淑
関西観光大使、ビジットジャパン大使、大阪経済大学客員教授、(株)リンカイ代表取締役社長
モノづくりに係るツーリズム拡大の方策について 坂上 英彦
研究会主査・京都嵯峨芸術大学 芸術学部 教授

3.関西圏空港研究会

関西圏の今後の空港の運用について、空港と地域の共存共栄を図るため、客観的な観点から、関西圏の空港利用実態や役割等を踏まえた空港の運用の在り方を検討し、提言としてとりまとめました。

2014(平成26)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 空港の運用について 蒲生 猛
国土交通省大阪航空局長
第2回 航空乗継利用の展望と課題 庄司 郁
石川県企画振興部次長
第3回 首都圏と関西圏の運航空域の現状と課題 平田 輝満
茨城大学工学部准教授
第4回 航空貨物業界の現状と今後の展開について 松本 義之
日本通運(株)大阪航空支店 統括支店長
関西圏の空港利用の実態
~旅客を中心に~
山内 芳樹
(一財)関西空港調査会 参与

2013(平成25)年度

1.空港と地域研究会

今後の持続的、効率的な空港経営を実現するには、中核となる地域資源の育成活用などの「地域戦略に基づく航空需要の開拓」、適切なバンドリングによる複数空港間の役割分担と連携などの「地域戦略に基づく空港の有効活用」及び新たな形態の地域協議会の組織化などの「ステークホルダー間のコミュニケーション強化」が空港周辺地域の行政、企業と空港関係者に必要であると提言しました。

2013(平成25)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 平成25年度空港と地域研究会の活動内容について空港と地域、いかに連携するか
ーイギリスの経験から学ぶー
野村 宗訓
関西学院大学経済学部教授
第2回 空港と地域活性化 須藤 誠
(株)ANA総合研究所主席
第3回 地域のゆたかさを支える空港・航空ネットワーク 田村 亨
北海道大学大学院工学研究院教授
第4回 空港と地域研究会とりまとめと提言(案) 野村 宗訓
関西学院大学経済学部教授

2.ビジネス航空需要研究会

関西圏におけるビジネス目的の航空利用を拡充していくには、国内エアラインによる長距離路線の充実やビジネスクラス・チケット条件の緩和、関西の空港における空港ラウンジの充実などの「ビジネスクラス利用の拡大方策」や、ビジネスジェット専用空港の設定などの「ビジネスジェット利用の拡大方策」が必要であると提言しました。

2013(平成25)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 ビジネスジェットから読み解く関西経済の活路 石原 達也
ビジネス航空ジャーナリスト
第2回 ツーリズム産業を取り巻く国際環境の変化と関西におけるビジネスクラスの現状について 近﨑 雄一
(株)JTB西日本海外旅行部企画課長
第3回 ビジネスクラス利用に関する現状と制約要因 羽根田 淳
(一財)関西空港調査会課長
ビジネスクラスの現状と関西マーケット 森﨑 和則
(株)航空経営研究所主任研究員
第4回 ビジネス航空需要研究会とりまとめ提言(案) 竹林 幹雄
神戸大学大学院教授

2012(平成24)年度

1.空港経営研究会

我が国の空港においてコンセッション方式を中心とした民営化を円滑に進めるには、空港個別施設の収支の透明化、投資リスクを低くする官民ファンドの設立などの「民営化のための環境整備」、空港の収入増加などによる「空港事業価値向上のための空港活性化」、エアラインの運航コスト低減のために規制緩和などの「航空路線の維持・拡大のための多様な方策の工夫」が、官民の空港関係者及び空港周辺地域において必要であると提言しました。

2012(平成24)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 空港コンセッションの事例研究 野村 宗訓
関西学院大学経済学部教授
第2回 公共施設等運営権制度・契約と空港について 福田 隆之
新日本有限責任監査法人 エグゼクティブ・ディレクター
第3回 いま、何故「コンセッション」なのか?・・・三位一体と成長戦略 石田 哲也
三菱商事(株)産業金融事業本部
第4回 平成24年度研究会のまとめと提言 野村 宗訓
関西学院大学経済学部教授

2.航空需要創出研究会

関西圏が有する企業・人材・技術・研究施設・ネットワークなどのビジネスコンテンツを再発見・開拓し、関西圏を訪れるビジネスインバウンド需要を拡大していくには、MICE誘致のインフラ整備等の「MICE 振興のための環境整備」、インバウンドに係る医療サービスの拡大等の「医療分野におけるビジネスインバウンド拡大のための環境整備」、「ビジネスインバウンド全般の拡大のための環境整備」が必要であると提言しました。

2012(平成24)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 24年度の研究内容について 竹林 幹雄
神戸大学大学院教授
インバウンド需要の概要について 山内 芳樹
関西空港調査会参与
大阪商工会議所におけるインセンティブ旅行誘致活動 川端 啓恵
大阪商工会議所地域振興部課長
第2回 ビジネスインバウンド(MICE)需要の拡大 廣江 真
日本コンベンションサービス(株)
インバウンドツーリズム研究所所長
第3回 進む医療の国際化~アジアの医療ツーリズムの動向~ 植村 佳代
(株)日本政策投資銀行 産業調査部副調査役
第4回 24年度研究会のまとめと提言 竹林 幹雄
神戸大学大学院教授

3.空港経営と地域研究会

これまで国・地方公共団体が管理運営してきた空港も、民間の知恵と資金を活用した経営へと転換しようとしているが、空港には公共的な役割もあり、民営化後の空港経営に地域がどうかかわっていくのかは大きな課題であることから「空港経営と地域」をテーマとした体系的な研究を行うとともに論集としてとりまとめました。

 

空港経営と地域

航空・空港政策のフロンティア

一般財団法人 関西空港調査会 監修

加藤一誠・引頭雄一・山内芳樹 編著

A5判・上製 3,000円(税別)成山堂書店

2012(平成24)年度 活動状況(敬称略/所属・役職は開催当時のもの)
回数 テーマ 講師
第1回 交通インフラの上下分離と民営化の功罪 吉田 雄一朗
政策研究大学院大学准教授
第2回 地域経営と空港―『航空旅客動態調査』から見た経営資源としての空港― 鎌田 裕美
淑徳大学専任講師
第3回 LCC≠格安航空会社~LCCは低費用航空会社~ 朝日 亮太
神戸大学大学院経営学研究科院生
第4回 地方都市から国際ハブ空港へのアクセス手段選択における影響要因について-交通行動分析からのアプローチ 毛海 千佳子
大阪成蹊短期大学准教授
第5回 地方空港のゆくえ 引頭 雄一
関西外国語大学教授
第6回 オープンスカイ協定と経済理論 米崎 克彦

同志社大学助教

第7回 信用格付けからみた空港経営 加藤 一誠
日本大学教授

ページの先頭へ