KANSAI 空港レビュー

2007年12月号 No.349

【表紙写真】 「エジプト航空 エアバスA340―200」
エジプト航空MS963便 エアバスA340の離陸である。関空からエジプト・カイロ国際空港までは直行便でも約14時間の最長路線である。長距離用に開発されたA340シリーズのうち―200を関空へ運航するのはエジプト航空のみである。 撮影した12月のこの日は、この冬一番の寒気が雲を伴って空港を覆い14時過ぎであったが日没のように暗くなった。しばらくすると、離陸滑走を開始したエジプト航空のA340に雲の隙間から日が差し、スポットライトがあてられたかのようであった。
撮影:柴崎 庄司(関西国際空港(株))

CONTENTS

○巻頭言
関西国際空港のさらなる飛躍を願って
文村 俊三

○各界の動き

○関西国際空港第2滑走路オープン記念
国際空港シンポジウム2007
東アジアにおける航空市場と国際拠点空港の将来展望

○プレスの目
アジアの中の関西空港と地域とのかかわり
山本 照明

○航空交通研究会研究レポート
空港の役割と空港債格付け
加藤 一誠

○インフォメーション
・全国学生旅クイズ王選手権「決定!タビキング」
2008年3月22日(土)、23日(日)開催
・「傘のリサイクルサービス」をはじめます
・関西国際空港二期事業の推進に関する要望書
・関西国際空港全体構想促進協議会の要望活動結果について

○データファイル
・平成19年10月運営概況について
・大阪税関貿易速報[関西空港](平成19年10月分)
・関西国際空港㈱の平成19年度中間連結決算について
・関西国際空港の出入(帰)国者数
・関西3空港と国内主要空港の利用状況
・関空2期工事の進捗状況

○ア・ラ・カルト
関空・エアポートクリスマス2007
関西国際空港株式会社

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ