公益目的事業等

HOME  >>  公益目的事業等  >>  調査研究助成事業

調査研究助成事業

関西空港調査会では、研究者による「空港と地域経済の活性化・国際化の促進に寄与する」調査研究に適正な助成を行い、その成果を広報することを通じて、航空・空港に関する知識や情報の普及・啓発を図る公益目的事業を行っています。

2017年度 調査研究助成一覧

2017年度調査研究助成は下記4件に対して行います。

ランダム化コンジョイントを用いたメガハブ型および地域ハブ型の大陸間国際航空ネットワークの諸属性に対する利用者選好確率の測定
広島大学大学院 国際協力研究科 教授 吉田 雄一朗 助成額200万円
環境 DNA を活用した関空島周辺の藻場魚類(カサゴ、キジハタ)の分布調査法の確立
地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 主任研究員 辻村 浩隆 助成額180万円
地方空港のインバウンド需要創出施策の検討
東京工業大学 環境・社会理工学院 准教授 花岡 伸也 助成額140万円
アジア向け越境ネット通販プラットフォームにおける航空物流の役割に関する研究
流通経済大学 流通情報学部 助教 宮武 宏輔 助成額100万円
2017年度募集概要

2017年度調査研究助成事業 実施要綱(PDF)ダウンロード

<2017年度 調査研究助成の受付は終了いたしました>

■助成対象

空港と地域経済の活性化・国際化の促進に寄与するものであって、航空・空港経営、空港防災、航空物流、環境、観光、交通、市場分析及び施設維持管理に関する調査研究とします。

■申請者

1)国内の大学、その他研究機関等に所属する研究者。特に若手研究者の独創的な調査研究を歓迎します。ただし、学生及び営利団体職員は申請における代表者(以下「申請代表者」という。)にはなれません。

なお、申請代表者及び共同研究者が反社会的団体と関係を有していると認められる場合、本助成事業には申請できません。

■助成金額

1件につき200万円を上限とし、審査により助成額を決定します。

■助成件数

2017年度は3件程度を予定しています。

■助成期間

2017年4月1日から2018年3月31日までの1年間

■応募開始日

2017年1月16日(月)

■応募締切日

2017年2月28日(火)17時まで(必着)

■申込方法

申請書を下記からダウンロードしてください。
申請書(ワード)ダウンロード

[記入例]申請書(pdf)ダウンロード
申請書に所要事項を記載のうえ、PDFに変換した電子ファイルをメールにて研究助成事務局宛に提出してください。

注1)申請代表者は、「調査研究助成事業申請要領」を下記からダウンロードし、その内容に十分留意してください。

調査研究助成事業申請要領(PDF)ダウンロード

注2)他の助成金を重複して申請している場合は、申請書にその旨を記載し、また、複数の助成採択を受けた場合の調査会の優先順位を示してください。

■審査

受理した助成申請書の審査は、調査会が設置する選考委員会において行います。

■助成決定

2017年3月下旬までに電子メールで応募者に通知いたします。

調査会は、助成対象者の氏名、所属機関、調査研究テーマ及びその概要を公表します。

■助成金の交付時期

2017年6月

■お問い合わせ

一般財団法人関西空港調査会 研究助成事務局 担当 羽根田 日野
電話 072-455-2717 または 06-6767-0800
メール kenkyu-jyosei@kar.or.jp
※土・日・祝日、年末年始(12/29~1/4)を除く平日10時~17時

<2017年度 調査研究助成の受付は終了いたしました>

ページの先頭へ