KANSAI 空港レビュー

2010年03月号 No.376

【表紙写真】「シンガポール航空 A330-300」
シンガポール航空SQ618便のA330-300である。この3月1日からシンガポール航空は、短・中距離路線向けに最新機内設備を搭載したA330-300をシンガポール=関空線に導入した。当日の初便は関空就航イベントとして、報道関係者等にフォトセッションや内覧会が行われた。機内の座席モニターにはiPodやiPhoneが接続できる設備もあった。
撮影:柴崎 庄司(関西国際空港(株))

CONTENTS

○巻頭言
『和の文明』を目指せ 関西
加藤 晃規

○各界の動き

○講演抄録
対中国ビジネスの現状と課題
青木俊一郎

○プレスの目
関空は遠いか?近いか?
清水 直樹

○航空交通研究会研究レポート
航空会社と空港の関係からみたエアラインハブ
加藤 一誠

○データファイル
・運営概況について(平成22年1月分)[速報値]
・大阪税関貿易速報[関西空港](平成22年1月分)
・関西国際空港の出入(帰)国者数
・関西3空港と国内主要空港の利用状況(平成22年1月分)
・関空2期見学ホール情報

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ