KANSAI 空港レビュー

2021年6月号 No.511

「マレーシア航空 A330-300 Harimau Malaya」
マレーシア航空の特別塗装機「harimau malaya」のA330-300です。
5月30日のMH52便として飛来しました。通常は旅客便であるが貨物便としての運航です。
別の特別塗装機「Negaraku」独立60周年機の前方部分をマレーシアのナショナル・フットボール・チームのトラを描いた機体です。
現在、同便は到着定刻05:25、出発定刻07:10であり、なかなか見かけられない機体でもあります。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 ウィズコロナ、ポストコロナの時代に科学技術が果たす役割
 森 望
○各界の動き
○講演抄録
 「カーボンニュートラルポート(CNP)」形成に向けた取組状況
 富田 晃生
○プレスの目
 関空-新時代へ 融合する強み発揮を
 杉目 真吾
○航空空港研究レポート
 コロナ禍・コロナ後の観光 —観光地の住民態度
 鎌田 裕美
○データファイル
 ・関西国際空港2021年4月分運営概況(速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港]2021年4月分(速報値)
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数2021年5月分(速報値)
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2021年4月(速報値)

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ