KANSAI 空港レビュー

2020年2月号 No.495

「ガルーダ・インドネシア航空 A330-300 復刻デザイン機」
ガルーダ・インドネシア航空GA883便、バリ行きのA330-300です。
ガルーダ・インドネシア航空は創立70周年を迎え1969年から1985年に使用したロゴデザインを復刻した機体を運航しています。
この復刻塗装機が最初に関空に運航したときは、ビンテージフライトと称してCAさんも当時の制服姿であったといいます。
復刻デザイン機はB777-300ERやB737-800にも施され、B777-300ERは羽田空港に運航することもあります。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 西日本の航空・空港の安全を支えて
 梅野 修一
○各界の動き
○講演抄録
 グレーターミナミの活性化に向けて
 嘉名 光市
○プレスの目
 広がる空の玄関
 長尾 亮太
○航空空港研究レポート
 訪日客の構成と消費行動の転換に向けた伝統芸能「能楽」の活用
 辻本 勝久
○データファイル
 ・関西国際空港2019年12月運営概況(速報値)
 ・関西国際空港2019年暦年運営概況(速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港]2019年12月分(速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港]2019年暦年分(速報値)
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2019年12月

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ