KANSAI 空港レビュー

2018年8月号 No.477

【表紙写真】「キャセイパシフィック航空 A350-1000」
キャセイパシフィック航空のエアバスA350の長胴型A350-1000です。定期便としては日本国内では関空が初の運航となりました。
本来は香港=アメリカ東海岸などの長距離路線用の機材ですが、何度かは関空にも運航するようです。A350-1000はスマートに見えますが機体寸法はジャンボジェットB747-400を上回ります。
既に同社はA350-900を運航しています。簡単な見分け方はA350-1000はメインギアがB777のような3軸6輪ボギーになっています。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 関空から観光立国への飛躍
 宮本 勝浩
○各界の動き
○講演抄録
 顧客満足度9年連続第1位獲得とV字回復の取り組み
 松石 禎己
○プレスの目
 拡大する航空需要に対する深刻な労働力不足
 阿部 佐知子
○航空空港研究会 講演抄録 — 第3回研究会 —
 信用格付けの視点からみた空港運営のリスク要因
 ~海外事例との比較を踏まえて~
 柴田 宏樹
○航空交通研究会研究レポート
 契約型民営化の推進と政府の関与
 —イギリス鉄道フランチャイズの混乱をめぐって
 西藤 真一
○データファイル
 ・関西国際空港2018年上半期運営概況(速報値)
 ・大阪税関貿易速報 [関西空港] 2018年上半期分
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2018年6月

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ