KANSAI 空港レビュー

2016年11月号 No.456

【表紙写真】「ベトナム航空 エアバスA350」
ベトナム航空VN320便エアバスA350のアプローチです。2016年冬スケジュールの始まった10月30日から、ホーチミン〜関空線がこれまでのA330-200やB777-200に代わりA350-900になりました。
関空へ定期便としてA350を運航するのはベトナム航空が初めてです。A350はボーイングB787と比較されますが主翼は約5m長く、主翼の先端の湾曲が独特です。当日はB滑走路に着陸し第1ターミナルに移動する誘導路で消防車の放水の歓迎がありました。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 KANSAIの飛躍、KIXの挑戦
 若林 陽介
○各界の動き
○講演抄録
 訪日外国人旅行者2020年4000万人に向けた政府の新たな取り組みについて
 福西 謙
○プレスの目
 関西3空港一体運営へ加速
 安藤 光恵
○航空交通研究会研究レポート
 民営化後の伊丹空港の活用とその課題
 小島 克巳

○データファイル
 ・関西国際空港2016年9月運営概況(速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港] 2016年9月
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2016年9月

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ