KANSAI 空港レビュー

2016年07月号 No.452

【表紙写真】「フジドリームエアラインズ ERJ-170」
フジドリームエアラインズ(FDA)のエンブラエルERJ-170です。
稚内空港までのチャーター便として運航です。
FDAはKIXに定期便として就航していませんが、昨年からこの時季になると北海道方面にチャーター便が運航されます。今季も稚内空港、中標津空港に運航されています。
FDAはERJを11機を運航しており機体塗装色は10色あります。唯一、この4号機と6月に運航開始した11号機が「静岡のお茶、信州の山々」をイメージしたグリーンです。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 関空とともに関西をアジアのゲートウェイに
 森 詳介
○各界の動き
○講演抄録
 クルマの自動運転技術の開発動向と実用化に向けた課題
 安達 章人
○プレスの目
 真価問われる第2四半期が始まった
 中尾 良平
○航空交通研究会研究レポート
 「LCC」と「FSC」という区分の違和感
 湧口 清隆
○インフォメーション
 新関西国際空港株式会社新役員体制
 関西エアポート株式会社取締役の体制

○データファイル
 ・関西国際空港2016年5月運営概況(速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港] 2016年5月
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2016年5月

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ