KANSAI 空港レビュー

2016年03月号 No.448

【表紙写真】「KLMオランダ航空 B787-9」
3月3日、KLMオランダ航空のB787-9が初めてB滑走路に着陸です。
KLMオランダ航空はアムステルダム=関空線に最新鋭機B787-9をアジア地区に初めて就航させました。B787-9の運航は現在、月・木・土曜日、他の曜日はB777-200ERなどにて運航です。B787-9とB777-200ERは、どちらも座席数300前後です。B787-9の燃費は2割以上良くなると言われています。
撮影:柴﨑 庄司

CONTENTS

○巻頭言
 関西における持続的なインバウンド拡大に向けて
 村尾 和俊
○各界の動き
○講演抄録
 関西経済の現状と展望 〜インバウンド経済効果をふまえて〜
 宮野谷 篤
○プレスの目
 目標を持つことが夢への第一歩
 和田 武也
○航空交通研究会研究レポート
 低迷する日本人出国者数 —再生のカギを握る20歳代出国者
 西村 剛
○データファイル
 ・運営概況について[2016年1月] (速報値)
 ・大阪税関貿易速報[関西空港] 2016年1月
 ・関西国際空港の出入(帰)国者数
 ・関西3空港と国内主要空港の利用状況 2016年1月

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ