KANSAI 空港レビュー

2010年06月号 No.379

【表紙写真】「エバー航空 MD11F」
エバー航空の貨物機MD11Fである。エバー航空は、5月20日からロサンゼルス~KIX~台北の貨物便を週2便就航させた。機種は木曜日がジャンボ貨物機B747-400F、日曜日はMD11Fである。このMD11Fは旅客機からの改修らしく窓の跡が見られた。同社は12年前の1998年4月に旅客便をエアーニッポンとのコードシェアで就航させた。当時の機種はMD11であった。
撮影:柴崎 庄司(関西国際空港給油(株))

CONTENTS

○巻頭言
関空の国際拠点空港再生に向けて
吉川 和広

○各界の動き

○講演抄録
ミッシングリンクの解消に向けて~地域主権の観点から~
井出 仁雄

○プレスの目
関空ハブ化、正念場はこれから
西山幸太郎

○航空交通研究会研究レポート
継続が決まったUS-EUオープンスカイ協定とUS
-EUメガキャリアの動向
西村  剛

○データファイル
・運営概況について(平成22年4月分)[速報値]
・大阪税関貿易速報[関西空港](平成22年 4月分)
・関西国際空港の出入(帰)国者数
・関西3空港と国内主要空港の利用状況(平成22年4月分)
・関空2期見学ホール情報

KANSAI 空港レビュー 一覧

 
KANSAI 空港レビュー
ページの先頭へ